ここから本文です

TETSUYAバースデーツアー東京公演で「これからも共に歳をとりましょう」

音楽ナタリー 10/7(金) 15:58配信

TETSUYAの東名阪バースデーライブツアー「TETSUYA LIVE TOUR 2016『THANK YOU』」が昨日10月6日に愛知・DIAMOND HALLにて終幕。この記事では彼の誕生日当日である10月3日に行われた東京・赤坂BLITZ公演の様子をレポートする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

TETSUYAは岸利至(Key)、室姫深(G)、山崎慶(Dr)、中村佳嗣(G)、IKUO(B)からなるバックバンド・Juicy-Bananasと共にステージに登場。「Make a Wish」で演奏がスタートすると観客の熱気は一気にピークに達し、カラフルなサイリウムが場内を彩る。「Can't stop believing」をアグレッシブに届けたTETSUYAは、「REVERSE」でスクリーンに映った星空をバックに壮大な歌声を響かせた。

彼は2001年発表の「TIGHTROPE」や最新シングル「Time goes on ~泡のように~」など新旧の楽曲を立て続けに披露したあと、「お元気ー!? TETSUYA & The Juicy-Bananasです!」とハイテンションに挨拶。「みんななんの話聞きたいん?」と観客の質問を拾いながら和やかなトークを繰り広げた。ライブ中盤に演奏されたポップチューン「魔法の言葉」「wonderful world」でTETSUYAは水鉄砲を無邪気にフロアに発射してファンを沸かせる。「EDEN」ではギターソロを弾く中村と肩を組みながらアームを動かしたり、「蜃気楼」ではベースを演奏するIKUOに後ろから抱きついたりと、微笑ましい行動でもファンを楽しませた。

また「Roulette」曲中のトークコーナーにて、TETSUYAは普段からクーラーの温度を上げたり、常温の水を飲んだりと、自身の体を気遣っていること明かす。フロアから「女子ー!」という声が飛ぶと、彼は「女子なんかな? ちょっと確認してみるわ」と後ろを向き、山崎と共に自身のデニムパンツの中を覗き込むような動作をして客席に笑いを起こしていた。「Roulette」の演奏を再開し場内をヒートアップさせたあと、彼らは「Are you ready to ride?」をドロップ。スーツ姿のダンサーと共にはつらつと演奏を届け、フロアに手拍子を起こした。ラストナンバーの「15 1/2 フィフティーンハーフ」でTETSUYAは繊細なバンドサウンドに乗せて情感あふれる歌声を響かせ、オーディエンスを魅了した。

ファンのアンコールに応えたTETSUYA & The Juicy-Bananasの面々は、Tシャツ姿でステージに登場。するとJuicy-Bananasが「ハッピーバースデートゥーユー」を演奏し、ファンがTETSUYAに歌声を届ける。天井から吊るされたケーキが下がってきたり、メンバーとスタッフから「Dyson Hot + Cool」がプレゼントされたりと、場内にはTETSUYAの誕生日を祝福する温かい空気が広がった。TETSUYAは「誕生日を祝ってもらうような歳でもないんですけど」と笑いつつ、「ソロデビュー15周年ですか。これからも共に歳をとりましょう。これからもよろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。TETSUYAはアンコールにて、「LOOKING FOR LIGHT」「Fantastic Wonders」「流れ星」の3曲をエモーショナルに歌唱。最後はバンドメンバーと共にバナナを客席に投げたのち、機関車を真似たお茶目な動作をしながらステージを去った。

TETSUYA「TETSUYA LIVE TOUR 2016『THANK YOU』」
2016年10月3日 赤坂BLITZ セットリスト
01. Make a Wish
02. Can't stop believing
03. REVERSE
04. TIGHTROPE
05. SCARECROW
06. lonely girl
07. Time goes on ~泡のように~
08. 魔法の言葉
09. wonderful world
10. WHITE OUT
11. EDEN
12. 蜃気楼
13. Roulette
14. Are you ready to ride?
15. 15 1/2 フィフティーンハーフ
<アンコール>
16. LOOKING FOR LIGHT
17. Fantastic Wonders
18. 流れ星

最終更新:10/7(金) 15:58

音楽ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革