ここから本文です

【ドクターQ&A】胸焼けは「食事日誌」で改善 度重なるなら軽視はダメ

デイリースポーツ 10/7(金) 14:00配信

 【Q】最近、胸やけがします。市販の薬を飲んでもあまり効果がなく、病院に行くかどうか悩んでいます。良くなる方法はないでしょうか?(40代女性)

 【A】まずは、食事のチェックです。冷たいものを飲みすぎていないか?間食はしていないか?油ものなどの胃酸分泌が盛んになるものを多く食べていないか?…など食生活を思い返して下さい。また、一般的に身体にいいと言われていても、個々の体質により悪影響を与えてしまう食べ物もあります。牛乳、ヨーグルトなどの摂取でよく見られます。骨粗鬆(こつそしょう)症の予防のために牛乳を毎日飲んでいる、胃腸の調子が悪いのでヨーグルトを朝、晩食べているなどをやめると胃腸の調子が良くなる人もいます。

 では、どんなものを食べたらいいのか。人によって嗜好、体質があり一言にこれがいいとは言えないのですが、多くの人に当てはまる食事療法があります。すべて和食にして、冷たい飲み物、刺激物を極力摂取しないようにしてほしいのです。間食もダメです。まんじゅう、アンパン、ケーキなどを夜中に食べると、胸やけの症状が確実に悪化します。実は、女性の好物に胸やけを来す食べ物が多いのです。空腹時の喫煙も胸やけ、胃もたれ、腹痛の原因になります。

 そして、よく言われる腹八分目ではなく、腹六分目から七分目にして、「食事日誌」をつけてみましょう。食事の時間、内容、胸やけ、腹痛が起きた時間をつけて、1日を振り返るのです。それにより、消化器症状の原因になっている食習慣、食べ物が明らかになることが多いのです。

 日誌をつけただけで、自然と食生活に気をつけるようになって症状が著しく改善した例はたくさんあります。市販薬で様子をみるのはお勧めできません。最近、日本での胃がんの死亡率は減少傾向にありますが、まだ胃がん大国であることには変わりないからです。胸焼けが度重なるなら軽視してはいけません。胃カメラなどを年に一度受けた上で、市販薬、食事療法をすることはいいと思いますが、医師と相談することが最良の解決策であることは間違いないでしょう。

 ◆回答者プロフィール 谷光利昭(たにみつ・としあき)兵庫県伊丹市・たにみつ内科院長。診察は内科、外科、胃腸科、肛門科など。デイリースポーツHPで医療コラム「町医者の独り言」を連載中。

最終更新:10/7(金) 14:00

デイリースポーツ