ここから本文です

Windows 7以前に脆弱性、推奨対策はアップグレード

ITmedia エンタープライズ 10/7(金) 14:09配信

 Windows 7以前のバージョンのWindowsにDoS(サービス妨害)の脆弱性が存在する。情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターが運営するJapan Vulnerability Notesで10月7日に情報が公開された。

【その他の画像】

 それによると、脆弱性はWindows Vistaから導入された暗号を利用するアプリ開発向けサービスのAPI「Cryptography API: Next Generation(CNG)」に存在する。CNGでBCryptDecryptを処理する際に問題があり、細工された鍵データを処理することで、Windows 7以前のバージョンで稼働するコンピュータが異常終了する可能性がある。

 日本マイクロソフトによれば、この脆弱性が悪用された場合の影響は限定的という。悪用手法は、最大でもローカル上のコンピュータから脆弱性のあるコンピュータに攻撃を仕掛けるといったもので、遠隔から悪用することは困難だとしている。

 同社は、Windows 8以降のバージョンのWindowsではこの脆弱性の影響を受けないとし、現在サポートしているWindows 8.1/10へのアップグレードを推奨対策に挙げている。

最終更新:10/7(金) 14:09

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]