ここから本文です

LG電子は減収減益 スマホの赤字が原因か=7~9月期

聯合ニュース 10/7(金) 16:43配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が7日発表した7~9月期連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比3.7%減の2832億ウォン(約264億円)だった。前期比では51.6%の減。

 売上高は13兆2210億ウォンで前年同期比5.8%、前期比5.6%、それぞれ減少した。

 今年は1~3月期、4~6月期と続けて5000億ウォン台の営業利益を計上していたが、スマートフォン(スマホ)事業の不振が業績を押し下げたようだ。

 部門別の業績はまだ公表されていないが、スマホ事業を担当するモバイル・コミュニケーションズ(MC)事業本部は赤字幅が前期(963億ウォン)よりも拡大したとみられている。赤字幅を3000億ウォン程度とみる証券会社もある。戦略機種「G5」の不振をどれだけ挽回できるかが、10~12月期の業績を左右しそうだ。

 一方、家電やテレビ事業はハイエンド製品を中心に販売が好調を見せ、前年同期に比べ業績が改善したとみられている。ただ、新成長エンジンとして育成している車載電装部品事業は7~9月期も赤字が続いたと分析される。

最終更新:10/7(金) 16:45

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。