ここから本文です

海外馬券第2弾はメルボルンC 米BCフィリー&メアターフも発売

デイリースポーツ 10/7(金) 16:01配信

 JRAは7日、メルボルンC・豪G1(11月1日・フレミントン、芝3200メートル)とBCフィリー&メアターフ・米G1(11月5日・サンタアニタパーク、芝2000メートル)の2レースにおいて、農林水産省から馬券発売の認可が下りたことを発表した。メルボルンCは平日発売のため、即PAT会員のみが対象となる。

 海外馬券の発売は、ダービー馬マカヒキ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)の参戦で注目を集めた2日の凱旋門賞で初めて実施。インターネット投票のみという限定的な発売にも関わらず、売上は41億8599万5100円とJRAが想定していた数字を大幅に上回った。

 メルボルンCには今年の天皇賞・春で2着に好走したカレンミロティック(セン8歳、栗東・平田修厩舎)、BCフィリー&メアターフは14年にオークスを制したヌーヴォレコルト(牝5歳、美浦・斎藤誠厩舎)が参戦を予定している。

最終更新:10/7(金) 16:07

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ