ここから本文です

1人の学生との出会いが生んだ「しゃべり描きUI」、CEATECでグランプリを受賞

EE Times Japan 10/7(金) 15:37配信

■CEATEC AWARD 2016でグランプリを受賞

 三菱電機は、2016年10月4~7日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」で、音声認識表示技術「しゃべり描きUI」を展示し、CEATEC AWARED 2016の「暮らしと家でつながるイノベーション部門」でグランプリを受賞した。

【「しゃべり描きUI」の操作イメージ】

 しゃべり描きUIとは、タブレット端末やスマートフォンの好きな場所を指で長押しし、話しながらなぞると、なぞった軌跡に話した言葉が表示される技術である。お絵かきや多言語翻訳などの機能を組み合わせた「しゃべり描きアプリ」も発表しており、背景に画像を表示する機能や、対面2画面表示機能などを搭載。これにより、手話や外国語ができなくても、聴覚障がい者や外国人とのコミュニケーションが可能という。

 CEATEC JAPAN運営事務局は、グランプリ受賞の理由について「筆談を行うための有効な手段である。今までにない新しいUIの実現という点で、さまざまな応用展開や有効性が期待される。聴覚障がい者とのコミュニケーションツールとしての期待とともに、翻訳機能も併せたシステムなので、インバウンド需要にも適している」と語る。

■インターンの学生との出会いがきっかけ

 しゃべり描きUIは、三菱電機のデザイナー8人が集まり、コミュニケーションの壁をUIの力で乗り越えることを目標にした自主研究プロジェクト「Design X」の成果である。

 三菱電機デザイン研究所インタフェースデザイン部に所属し、しゃべり描きUI開発のリーダーを務める平井正人氏は、開発のきっかけについて、「耳の不自由なインターンの学生のインストラクターを2週間務めたこと。“うまくコミュニケーションできる方法はないか”という思いが、ずっとあった」と語る。

 また、今回のグランプリ受賞については、「当社の展示として、前列にブースを設置してもらえたことでもうれしかったが(※しゃべり描きUIは、三菱電機ブースの1番目立つ位置に設置され、体験できるコーナーも多く用意されている)、最先端の技術が集まるCEATECで、グランプリをもらえたことは本当にうれしい」と語った。

 しゃべり描きUIは、技術的には既に確立されており、どのような形で展開するかを検討中。早期の事業化を目指すとしている。ちなみに、インターンの学生は現在、三菱電機の社員として働いており、しゃべり描きUIの開発にも携わっているそうだ。

最終更新:10/7(金) 15:37

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。