ここから本文です

地雷撤去に従事するドイツ少年兵たちの希望と悲劇、「ヒトラーの忘れもの」予告公開

映画ナタリー 10/7(金) 18:00配信

デンマーク・ドイツ合作「ヒトラーの忘れもの」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

第28回東京国際映画祭にて「地雷と少年兵」というタイトルで上映された本作は、ナチスドイツ降伏後、デンマークの捕虜となったドイツ少年兵たちを軸とした物語。かつて友軍が海岸線に埋めた約200万個の地雷を撤去するという過酷な任務に従事させられながらも、希望を失わず祖国の復興を願い続ける少年兵たちが描かれる。予告編には、地雷の撤去失敗や誤爆により死んでいく少年兵たちの姿や、祖国の罪を償わされる少年兵たちに疑問を抱き始めたデンマーク人軍曹が、徐々に彼らと絆を深めていく様子が収められた。

本作に出演したローラン・ムラとルイス・ホフマンは、第28回東京国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。ジャレッド・レトと浅野忠信の共演作「THE OUTSIDER(原題)」でメガホンを取るマーチン・サントフリートが監督を務めた。

「ヒトラーの忘れもの」は12月より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。



(c)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF

最終更新:10/7(金) 18:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]