ここから本文です

宮根誠司 井上竜夫さん死去「残念」 「三途の川渡りかけてたって言うて…」

デイリースポーツ 10/7(金) 17:39配信

 宮根誠司キャスターが7日、自身がMCを務める読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」で、高度肺気腫のため74歳で亡くなった吉本新喜劇の俳優井上竜夫さんについて「残念です」と惜しんだ。

 宮根キャスターは「先月まで、なんばグランド花月に出てらっしゃったんですね」と井上さんが最近まで吉本の劇場に出演していたことをあげ、驚いた。今月14日に復帰の予定だったことも明かされた。

 宮根キャスターは「井上さんは若い時から、吉本新喜劇をご存じの方はよく知ってらっしゃることですが、若い時からおじいちゃん役ですから。ずーっとおじいちゃん役ですから」と、“たつじい”の愛称で親しまれた井上さんをしのび、「おじゃましまんにゃわですから」と井上さんの定番ギャグも紹介した。

 井上さんにはほかに、劇中にセリフを言いながら寝てしまうシーンで座員から起こされると「三途の川渡りかけてた!」とボケてみせるギャグがあり、宮根キャスターはこれについても、「ちょっと寝そうになって『三途の川渡りかけてた』言うて」と紹介。「残念ですね。たつじいの演技がもう見られなくなるというのは。74歳という若さで。ご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

最終更新:10/7(金) 17:45

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]