ここから本文です

ベビレが69時間駆け抜けるエモフェス開幕、飯田里穂とのコラボも

音楽ナタリー 10/7(金) 18:11配信

ベイビーレイズJAPANが主催するイベント「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー! パーティー!! ファイヤー!!!」が、昨日10月6日に東京・新宿ReNYにて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「EMOTIONAL IDOROCK FES.」はベイビーレイズJAPANのデビュー4周年を記念して企画されたイベント。10月9日まで69時間にわたりライブやトークなどさまざまなコーナーが繰り広げられ、最初のプログラムとして5組のアーティストがライブを披露する"御神輿ライブ"が行われた。

トップバッターを務めるベビレはバックバンドを従えて登場。彼女たちは傳谷英里香の「もう下を向くことはやめて前だけを向いて進んで行きたいと思います。拳1つで心をつなげましょう」という言葉から「夜明けBrand New Days」を1曲目に投下する。ラストのサビ前には虎ガー(ベイビーレイズJAPANファンの呼称)の間でお決まりとなっている「イエッタイガー!」コールが上がり、場内の熱気が一気に高まっていく。曲の終了と共に巻き起こる大きな拍手に傳谷は「皆さんの思いが1つだと確かめたくてこの曲を選びました。皆さんの思いしっかり受け止めました。4日間よろしくお願いします!」と観客に感謝の気持ちを述べた。5人は自己紹介を済ませると、「虎虎タイガー!!」「閃光Believer」などの人気曲を畳み掛けるように披露。2ndアルバムの収録曲「シンデレラじゃいられない」では虎ガーの大きなコールが会場に響きわたった。

2番手の飯田里穂は「青空プロローグ」でライブをスタート。2曲目の「KISS! KISS! KISS!」では「自分が一番かわいいと思ってサビを歌ってください」とオーディエンスに呼びかけ、「キスキスキス!」「チュチュチュ!」という掛け声の応酬を観客と繰り広げた。中盤のMCで飯田がベビレの5人を呼び込むと、高見奈央は「ラブライブ!」シリーズで飯田が演じている星空凛のコスプレで登場。驚く飯田に星空凛への憧れを語った高見は「みんなで一緒にー!」「にゃんにゃんにゃー!」という飯田のお決まりのコール&レスポンスを観客と共に叫び喜びをあらわにした。その後6人はベビレの「暦の上ではディセンバー」をコラボレーション。曲中のラップパートでは高見が「でも会えないにゃー!」とコスプレにちなんだ歌詞を披露し観客を楽しませた。

続けて登場した9nineは「エモフェス盛り上がっていきましょー!」と観客を煽ると、「colorful」と新曲「チャンス」をクールなダンスと共に披露。MCでは西脇彩華が「私たちもアイドロック精神というものを持ってきました。アイドロックだぜー!」とライブに対する気合いをアピールした。4人は代表曲「Re:」で会場を盛り上げると、そのまま「愛 愛 愛」で激しいダンスを見せつける。最後は「皆さんの温かさに歌を乗せてラストの曲にいきたいと思います」と語り、サビで両手を左右に動かす振り付けが印象的な「SHINING☆STAR」でライブを終了。ベビレと共に行ったアフタートークでは、吉井香奈恵がベビレの「夜明けBrand New Days」のサビを歌うなど、両グループの和やかなやり取りに観客からは笑みがこぼれた。

4番手には傳谷が「私たちにロックとは、音楽とはこうだぜって教えてくれた存在」と紹介するGacharic Spinが登場。彼女たちは最新アルバムのリード曲「KAKUHEN」から勢いよく演奏を始めると、「赤裸ライアー」ではパフォーマーのまい、ねんねが金髪のウィッグを被り頭を激しく振り回す動きや、ねんねによる巨大なけん玉のパフォーマンスでオーディエンスを魅了する。その後F チョッパー KOGA(B)が「こんな素敵なイベントに出演できてうれしく思います。呼んでいただいたからには盛り上げていきたいと思います!」とライブへの意気込みを語り、「シャキシャキして!!」につなげていく。そしてバンドはF チョッパー KOGAのベースソロが光る「ハンティングサマー」、TOMO-ZO(G)がギターソロで魅せる「ゴー!ライバー」で演奏を終えた。

"御神輿ライブ"のラストを飾るDJダイノジのパフォーマンスは、大地洋輔による近藤真彦のモノマネ「黒柳さーん! 始めてもいいですかー!」の叫びでスタート。大地がフジファブリックの「銀河」に合わせて志村けんの変なおじさんの動きを披露するなど、ダイノジの2人はコミカルなDJプレイを繰り広げ会場を盛り上げていく。彼らは途中ベビレの大矢梨華子と渡邊璃生を呼び込むと、彼女たちと「わっしょい!」のコール&レスポンスを展開。その後ベビレ「虎虎タイガー!!」、AKINO「創聖のアクエリオン」などの曲がプレイされ、大矢と渡邊は大地とエアギターをパフォーマンスしフロアの熱を高める。大谷が「隣の他人と肩組んでちょうだい!」と観客に呼びかけ会場を1つにすると、DJダイノジとベビレの2人は「1、2、3、ダー! せーの! イエッタイガー!」のかけ声でステージを締めくくった。

「EMOTIONAL IDOROCK FES.」には本日10月7日から9日にかけてもPASSPO☆、アイドルネッサンス、ザ・チャレンジ、がんばれ!Victory、清 竜人25ら多数のアーティストが登場する。

「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー! パーティー!! ファイヤー!!!」1日目 2016年10月6日 新宿ReNY セットリスト
ベイビーレイズJAPAN
01. 夜明けBrand New Days
02. 虎虎タイガー!!
03. ワハハ
04. 閃光Believer
05. シンデレラじゃいられない

飯田里穂
01. 青空プロローグ
02. KISS! KISS! KISS!
03. 暦の上ではディセンバー / 飯田里穂×ベイビーレイズJAPAN

9nine
01. colorful
02. チャンス
03. Re:
04. 愛 愛 愛
05. SHINING☆STAR

Gacharic Spin
01. KAKUHEN
02. 赤裸ライアー
03. シャキシャキして!!
04. ハンティングサマー
05. ゴー!ライバー

「EMOTIONAL IDOROCK FES. 69時間パーティー! パーティー!! ファイヤー!!!」
2016年10月7日(金)東京都 新宿ReNY
<出演者>
ベイビーレイズJAPAN / PASSPO☆ / がんばれ!Victory / GEM / Party Rockets GT / あゆみくりかまき / PAN / 山崎あおい / Qaijff / SABOTEN

2016年10月8日(土)東京都 新宿ReNY
<出演者>
ベイビーレイズJAPAN / アイドルネッサンス / GALETTe / ザ・チャレンジ / 生ハムと焼うどん / バニラビーンズ / Doll☆Elements / Dancing Dolls / predia / LIFriends / スルースキルズ / B2takes! / Rush×300 / 平野友里 / ドリィムアビリティ / I'S9

2016年10月9日(日)東京都 新宿ReNY
<出演者>
ベイビーレイズJAPAN / 清 竜人25 / 大阪☆春夏秋冬 / ひめキュンフルーツ缶 / 鶴 / リアクション ザ ブッタ / AMEMIYA

最終更新:10/7(金) 18:11

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]