ここから本文です

本田翼と山本美月がGLIM SPANKYによる「少女」主題歌を絶賛、コメント到着

映画ナタリー 10/7(金) 18:52配信

本田翼と山本美月が共演する「少女」が明日10月8日に封切られる。このたびGLIM SPANKYによる同作の主題歌「闇に目を凝らせば」に対する本田と山本のコメントが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

湊かなえの小説を三島有紀子が実写化した「少女」は、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望にとらわれた2人の女子高生の夏休みを描くミステリー。主人公・桜井由紀を本田、由紀の親友・草野敦子を山本が演じ、稲垣吾郎、真剣佑、児嶋一哉(アンジャッシュ)らが共演に名を連ねる。

本田は、「闇に目を凝らせば」について「心がぎゅってなるような、苦しいだけでない曲調がとても素敵です……!」と絶賛。山本は「歌詞を読んだら『少女』にピッタリだったので、鳥肌が立ちました。この映画は少女の時代を今経験している方、経験した方にも観て頂きたいですし、男性の方ものぞき見るような気持ちで観て頂けたらなと思います」とコメントを寄せた。

なお「闇に目を凝らせば」は、GLIM SPANKYのアルバム「Next One」に収録されている。



(c)2016「少女」製作委員会

最終更新:10/7(金) 19:04

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]