ここから本文です

“ブラック求人”のトラブル体験談をTwitter上で募集 日本労働組合総連合会がキャンペーン

ITmedia ビジネスオンライン 10/7(金) 20:04配信

 日本労働組合総連合会は10月7日、求人内容と実際の労働条件が異なる“ブラック求人”に関するトラブルの体験談をTwitter上で募集する。期間は31日まで。

 ハッシュタグ「#ブラック求人あるある」を付けてツイートされたブラック求人のトラブルに関する体験談を集めて、厚生労働省が設置する労働政策審議会に提出する。

 厚生労働省の調査によると、近年「求人内容と実際の労働条件が異なる」などのトラブルが増加傾向にあり、昨年ハローワークの求人内容に関して、求職者から寄せられた苦情件数は1万937件に及んでいる。

 同組合は「ブラック求人は働く人の人生に関わる重大な問題。求職者を守るルールづくりを一歩でも二歩でも前に進めたい。ぜひ皆さんの体験談などをお聴かせください」と呼びかけている。

最終更新:10/7(金) 20:04

ITmedia ビジネスオンライン