ここから本文です

山崎賢人が実写版「斉木楠雄のΨ難」クランクアップを報告、「楽しいが1番」

映画ナタリー 10/7(金) 21:09配信

実写映画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」がクランクアップしたと、主演の山崎賢人が自身のInstagramで報告した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

麻生周一のマンガを福田雄一が映画化した本作は、超能力を生まれ持った故に日々災難に見舞われてしまう高校生・斉木楠雄の日常を描く学園コメディ。斉木役の山崎のほか、役名は明かされていないが、新井浩文が2つに割れたアゴとモヒカン頭という風貌で出演することがわかっている。

山崎は本日10月7日に福田との2ショット写真を投稿し、撮影終了を報告。「楽しいが1番 完成楽しみ 皆さんもお楽しみに」というコメントも添えている。

「斉木楠雄のΨ難」は2017年に全国で公開される予定。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

最終更新:10/7(金) 21:09

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]