ここから本文です

クリエイティブ、ジェスチャー操作なども認識できる3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」

ITmedia PC USER 10/7(金) 21:54配信

 クリエイティブメディアは10月7日、3種類のレンズを搭載し3D深度認識にも対応した3Dカメラ「Creative BlasterX Senz3D」を発表、10月上旬より順次出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万円台半ばの見込み。

【その他の画像】

 Intel RealSenseテクノロジーを採用したUSB 3.0接続対応の3Dカメラで、センサーとしてフルHD対応カメラのほか赤外線センサー/赤外線レーザープロジェクターの計3種類を搭載し、撮影画像の“奥行き”を認識できるのが特徴。RealSenseテクノロジー対応アプリケーションと併用することで、手などの動きによるゼスチャー操作などを行うことができるほか、3Dスキャンによるモデル作成などを行うことも可能だ。またWindows 10のWindows Helloの顔認証についても今後対応の予定となっている。

 搭載マイクはデュアルマイク仕様で、ノイズ/エコー軽減などにより集音性能を高める「CrystalVoice」技術も搭載した。

 本体サイズは約70(幅)×30(奥行き)×125(高さ)ミリ、重量は約120グラム。対応OSはWindows 10 64bit版だ。

最終更新:10/7(金) 21:54

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。