ここから本文です

今年の漫才大会は「ギャグの金メダル決定戦」新ユニットや名作漫才リバイバルも

お笑いナタリー 10/7(金) 23:51配信

11月22日(火)、東京・浅草公会堂にて「第47回 漫才大会」が開催される。

「漫才大会」は漫才協会に所属する芸人たちが一堂に会してネタにコーナーに盛り上がる毎年恒例の一大イベント。今年は「4年に一度!? ギャグの金メダル決定戦」と題して、協会員のギャグをランキング形式で発表していくのが目玉企画だ。東洋館に投票箱を設置し、事前に観客投票を募る。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本日10月7日に行われた記者会見で漫才協会副会長のナイツ塙は「漫才協会の師匠、若手は、実はギャグをいっぱい持っている。それがあまり世間に知られていない」と力説。その横で「(ギャグランキング1位は)俺だな」とつぶやいた会長・青空球児が「ゲロゲーロ!」で拍手喝采を浴びたのに続き、ねづっちは「いい! とってもいい!」となじみのないギャグを言い放って会場を困惑させる。急いで「ギャグと掛けましてプレゼントと解きます。受け(ウケ)取ったらうれしい」となぞかけを披露して取り返した。

さらにコンパス、カントリーズ、母心、オキシジェン、新宿カウボーイによる新ユニット「漫才協会若手五つ星」をお披露目したり、「名作漫才リバイバル」と題して松鶴家千代若・千代菊、春日三球・照代、星セント・ルイス、あした順子・ひろしなどの名作漫才を若手中心でよみがえらせたりと、さまざまな企画が用意される今回の「漫才大会」。またニックスの真打昇進披露も。前回に増して賑やかになりそうな「漫才大会」にぜひ足を運ぼう。

第47回 漫才大会
日時:2016年11月22日(火)10:30開場 11:00開演 / 15:30開場 16:00開演
会場:東京・浅草公会堂
料金:1F指定席5000円 2F・3F自由席3000円

最終更新:11/23(水) 12:18

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]