ここから本文です

【MLB】インディアンス先勝! 最多賞右腕から1イニング3本塁打

ISM 10/7(金) 17:11配信

 現地6日、ア・リーグ地区シリーズのクリーブランド・インディアンス対ボストン・レッドソックスの初戦が行われ、中地区王者のインディアンスが5対4で東地区覇者との接戦を制した。

 インディアンスは、リーグ最多の22勝を挙げたレッドソックスの先発右腕リック・ポーセロ投手に対して一発攻勢。1点を追う3回に先頭のロベルト・ペレス捕手が同点ソロを放つと、1死後にはジェーソン・キプニス二塁手とフランシスコ・リンドア遊撃手が連続ソロを浴びせ、4対2と逆転に成功する。

 1点を返された直後の5回には、キプニスのタイムリーで貴重な1点を追加。5回途中3失点の先発トレバー・バウアー投手を早めに降ろして継投に入ったが、2番手アンドルー・ミラー投手が2回零封するなど、リリーフ陣がレッドソックスの反撃を1点でしのぎ逃げ切った。

 インディアンスのテリー・フランコーナ監督は、継投について「同じようなことを明日の試合でやるつもりはない」とコメント。そして、「今夜のゲームはそれほど勝ちたかった試合で、現に勝てた」と初戦の勝利を喜んだ。

 レッドソックスは3本のソロアーチなどで追いすがったが及ばず。5回途中5失点と崩れたポーセロの誤算が響いた。なお、上原浩治投手は1点ビハインドの8回に登板。先頭打者に内野安打を許したものの後続を併殺打に取るなど、1イニングを1安打、無失点に抑えた。(STATS-AP)

最終更新:10/7(金) 17:27

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています