ここから本文です

ちい散歩から10年 3代目・高田純次×2代目・加山雄三が初共演

オリコン 10/7(金) 7:00配信

 故・地井武男さんが初代散歩人を務め、2006年4月にスタートしたテレビ朝日の散歩番組『ちい散歩』から、加山雄三(79)の『若大将のゆうゆう散歩』(2012年5月~15年9月)を経て、高田純次(69)が“一歩一会(いっぽいちえ)”をテーマに散歩を繰り広げる『じゅん散歩』(月~金 前9:55~10:30)へ続いて、今年で10周年。昨年9月28日スタートの『じゅん散歩』が1周年を迎えたこともあわせ、スペシャル企画『じゅん散歩 超デラックス~若大将とまさかの爆笑ゆうゆう散歩!名場面も一挙公開~』が22日(前9:55~11:40※関東ローカル)に放送される。

初代散歩人の地井武男さん

 歩きはじめは、浅草。実は、『ちい散歩』も『若大将のゆうゆう散歩』も初回の舞台は浅草で、この散歩番組シリーズのいわば“聖地”ともいえる街だ。高田が歩いていると、いきなり驚かすように加山が現れる。2人は今回が初対面。来春80歳になる加山の爽やかさ、若々しさに、高田は「普段、何を食べているんですか?」とただただビックリ。「初めまして!!」とガッチリ握手した2人は、仲良く散歩をスタートさせる。

 昨年12月、浅草六区にオープンした全国の隠れた名産品を集めた施設“まるごとにっぽん”に立ち寄り、長野県の木工製品が並ぶ“信州木工館”では、一流の職人が手掛けたエレキギターを試奏。その流れから、突如、加山の生演奏で、あの名曲をなぜか高田が熱唱することに…! その後、東京・丸の内エリアへも足を伸ばした2人は、都会に出現した“大手町の森”や東京駅周辺を歩き、2020年の東京オリンピックに向けて変わりゆく街の風景を堪能した。

 散歩を終えた高田は、「まさか、加山さんが演奏して俺が歌う日が来るなんて思わなかった! いい冥土の土産ができちゃった」と大興奮。加山もまた、「やっぱり純ちゃんは面白いね」と高田とのミニ2人旅を満喫した様子だった。

 番組では、地井さんの思い出を偲ぶコーナーも。地井さんのふるさと、千葉県匝瑳(そうさ)市を訪ね、かつて地井さんが植樹した“ちいちいの森”のいまをリポートする。5年の月日を経て、森はどんな姿を見せているのか!? 地井さんが愛した地元の祭りも紹介。地井さんの思い出の散歩を特別にオンエアする。

最終更新:10/7(金) 7:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]