ここから本文です

【NBA】レブロンのジョーダン超えは可能? D.ウェイドが再び見解示す

ISM 10/7(金) 16:42配信

 現地6日、シカゴ・ブルズのドウェイン・ウェイドが、「レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)はマイケル・ジョーダンを超えられるか」という問いについて、自身の見解を述べたことが分かった。

 これは米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが同日に報じたもの。インタビューの中で、ウェイドは笑いながら「超えることは出来ないよ。不可能だ」と答え、「並ぶことしかできないよ」と続けて語ったという。

 4年前のインタビューでウェイドは、二人の立ち位置について、ジョーダン氏は18番ホールにいて、レブロンは4番ホールぐらいにいる、とゴルフに例えた独自の表現で語っていた。

 しかし、今回のインタビューでは「自分だけでなく、多くの人から見てもレブロンは15番ホールにいる。そして確実に(18番ホールに)近づいているよ」とコメントしたとのこと。また、並ぶことしかできないと語った理由については、「(ゴルフに)19番ホールはないからね」と話したようだ。

最終更新:10/7(金) 20:06

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]