ここから本文です

山田孝之、憧れの安藤政信と初共演に「うれしかった」 共演者からのメッセージに感激

オリコン 10/9(日) 17:35配信

 俳優の山田孝之(32)が9日、都内で行われた映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(22日公開)プレイミアムイベントに出席。2010年10月に深夜ドラマからスタートした人気シリーズがついに完結を迎え、約6年間主人公の丑嶋馨を演じてきた山田は「すばらしい出来なので、皆さんのリアクション楽しみ。『あれ、ウシジマなのにいい映画』になっちゃった」と胸を張ってアピールした。

 この日はレギュラーメンバーである、高橋メアリージュン(28)、崎本大海(30)、やべきょうすけ(42)に加え、ファイナルで登場する新キャストの永山絢斗(27)、安藤政信(41)、間宮祥太朗(23)も駆けつけた。登壇前、前フリが長く、しびれを切らせた安藤が「まだですか?」と会場に姿を現す場面もあったが、ファンにとってサプライズ登壇となった。

 同作のファンで「深夜ドラマから好き」という安藤は、念願がかない、丑嶋と対峙する鰐戸三兄弟の長男役として出演決定。「終わっちゃうのが悲しくて…。山田と一緒に共演したかった。違う作品でもいっぱいやりたい。ガッツリ戦いたい」とラブコールし、山田も「いつか共演できたらと思っていたので、うれしかった」と振り返った。

 会場には過去の作品に出演した、片瀬那奈、林遣都、柳楽優弥、門脇麦、窪田正孝、菅田将暉からねぎらいのメッセージが届いた。山田は懐かしそうに「うれしいですね。ありがとうございます」と感激するも、「本当に終わるんだなって思った」と寂しそうだった。

 また、完結するため「もう使わない」という理由から、この日集まったファンから1人に丑嶋が使用したメガネを贈呈。山田は、大喜びのファンを前にして「『なんでも鑑定団』(に出品する)とかマジでやめてくださいね。恥をかくのは僕なので…」と話し、笑わせた。

 イベントには同シリーズの山口雅俊監督も登壇。司会はタレントのLiLiCoが務めた。

最終更新:10/9(日) 17:38

オリコン