ここから本文です

ボイメン、竹下通りでチラシ配り 主演映画をアピール

オリコン 10/7(金) 13:27配信

 東海地区出身の男性10人組グループ・BOYS AND MEN(通称ボイメン)が6日、自身を題材にした青春映画『BOYS AND MEN ~One For All, All For One~』(29日公開)のトークショーを都内で開催した。「原点回帰」をテーマに、デビュー当時に東京でのイベント会場として利用していたJOL原宿にメンバーの水野勝、田村侑久、辻本達規、小林豊、土田拓海の5人が登場。さらに、今でも続けているチラシ配りを原宿の竹下通りで行い、映画をアピールした。

【写真】竹下通りでチラシを手配りするボイメン

 ボイメンは2010年、「名古屋から世界へ!」を合言葉に誕生。しかし「名古屋で男性グループなんて売れるわけない」と笑われ、手配りしたチラシも目の前で捨てられ、悔し涙を流してきた。メンバーが支え合い、地道な努力を積み重ねることで、結成から5年以上が経った今、テレビ・ラジオのレギュラーは10本以上。今年リリースしたシングルは2作連続でオリコン週間1位を獲得、年明けには念願の東京・日本武道館公演も決まり、名古屋を代表するエンターテインメント集団となった。映画ではその道のりをメンバー自らが演じる。

 トークショーで撮影を振り返ったリーダーの水野は「自分の役を演じるのは簡単なことだと思っていたけど難しかった。普段言わないような台本のセリフも、作り込むとメンバーにはバレる。正解がある中で芝居をするのは難しかった」と回顧。小林は「ボイメンハウス(メンバー10人で住んでいる設定の家)での撮影がすごく楽しかった。本当にみんなで住めたらいいね、と言ったら、“いや、メンバーとは無理だよ”ってみんなに否定されてビックリしました」と笑っていた。

 イベント後には、ファンや観光客などで賑わう竹下通りで映画のチラシを手配り。最後にはJR原宿駅前の竹下通り入口で集合写真を撮影し、映画のヒットを祈願した。

最終更新:10/7(金) 13:31

オリコン