ここから本文です

『レンタル救世主』スタート前に第2話ゲスト発表 遠藤章造、森カンナら

オリコン 10/9(日) 10:00配信

 きょう9日にスタートする日本テレビ系ドラマ『レンタル救世主』(毎週日曜 後10:30※初回のみ後10:00から)。初回の放送を前に、早くも16日放送の第2話のゲストとしてココリコの遠藤章造、女優の森カンナ、俳優の武田真治の出演が発表された。

【写真】第2話には森カンナ、武田真治も出演

 同ドラマは、主演の沢村一樹が演じるお人好しの主人公・明辺悠五が、借金返済のために人探しや簡単なお手伝いから、ちょっと人には言えない危機解決など、困っている誰かのために完全歩合制、営利目的、秘密厳守で“救世主”となる会社で“レンタル救世主”として働くこととなる物語。

 その他のレギュラーキャストは、藤井流星(ジャニーズWEST)、志田未来、福原遥、勝地涼、中村アン、稲葉友、稲森いずみ、大杉漣など。

 第2話に出演する森が演じるのは、ストーカーに悩まされる人気DJ・ヒロコ。ストーカー撃退の依頼で「レンタル救世主」を訪れる。遠藤はヒロコに振られた腹いせにストーカー行為を働くラジオプロデューサーの神保、武田は明辺が偶然出会いなぜか意気投合する建築現場で働く青年・今泉を演じる。

 遠藤は「『神保』という役をやりたくてこの世界に入り、やっと『神保』に巡り会えました」と冗談めかし、「第4話では『偽神保』第7話では『女神保』最終話では『メカ神保』と構想は膨らみます」と妄想を暴走させながらも「まずは第2話の愛の形を間違え凶行にでてしまう『神保』の姿を観ていただきたく思います」と呼びかけている。

最終更新:10/9(日) 10:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]