ここから本文です

嵐・櫻井&相葉、楽屋での“座り位置”明かす「自然と正面が多いね」

オリコン 10/10(月) 4:00配信

 人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔と相葉雅紀が22日より放送開始される日立アプライアンス・ルームエアコン新テレビCM『快適の時間』篇に出演。仲良く並んでサッカー観戦をしているという設定で行われた撮影で、相葉の「楽屋でテレビ見てるけど二人掛けのソファーってないね」という話から櫻井が「この夏はオリンピックとか甲子園を楽屋で見てましたね」と舞台裏トークを展開した。

■嵐 これまでの映像作品売上ランキング

 楽屋では普段「こんなソファーがいくつか並んでて、嵐5人で座ってます。(僕ら2人は)普段は向かい合ってることが多いね」と相葉。櫻井は「自然と正面が多いね。京セラドーム大阪は横並び、それと名古屋は斜めかな」と座りポジションを説明。相葉いわく「(こんな風に)決まっているんです(笑)」ということで、メンバー内の座り位置については暗黙の了解? があることを明かした。


 冬の設定にもかかわらず夏に行われた撮影では、室外から帰宅する設定の相葉が「あったけぇ~」のせりふに、「寒くないからわからない!(笑)」と最初はお手上げ状態。それもで徐々に手応えをつかみ終盤には監督の「強い口調で」「明るい口調で」「笑顔で」など求めるバリエーションに富んだ「あったけぇ~」を即座に演じ分けられるほどとなった。

 また、2人でサッカー観戦するシーンではなにも映っていないテレビに向かって「応援しているチームが1点リードしていて、さらに追加点を入れた場面」をイメージした演技を披露。監督から一度シチュエーションの説明を受けただけにもかかわらず、あうんの呼吸でリアルかつ完全なアドリブをみせ、さすがのコンビネーションでスタジオを沸かせていた。

最終更新:10/11(火) 7:16

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]