ここから本文です

高橋優、新アルバム収録曲&アートワーク公開 限定盤特典はプロ野球カード!?

オリコン 10/7(金) 20:28配信

 シンガー・ソングライター高橋優の5枚目のオリジナルアルバム『来し方行く末』(読み:きしかたゆくすえ、11月16日発売)のアートワークおよび収録曲など詳細が発表された。

愛媛と高知の県境で撮影されたジャケット写真

 ジャケット写真は高橋自ら提案し、カルスト地形が広がる愛媛と高知の県境で撮影。箭内道彦プロデューサーが指揮し、濃い霧が立ち込め、雨が降りしきる幻想的な空間で早朝から行われた。

 収録曲はシングル「明日はきっといい日になる」「さくらのうた」「産まれた理由」「光の破片」、初の楽曲提供作品のセルフカバー「象」、あきたこまちのCMソング「悲しみのない場所」のほか、「Mr. Complex Man」「君の背景」「拒む君の手を握る」「Cockroach」「アイアンハート」「BEAUTIFUL」を加えた12曲。シングル4曲以外の8曲は全て、今回のアルバムのためにレコーディングした。

 期間生産限定盤とファンクラブ限定盤の特典として、プロ野球カードのパロディー版「高橋プロ野球?カード」を封入(5種ランダム)することが決定。今年高橋がリリースしたシングルの特典DVDに登場した謎のシンガー・ソングライター、林卓(通称:ハヤタク)のカードが出たら大当たり。林卓抱き枕がもれなく当たるおまけ付きとなっている。

 また、期間生産限定盤の付属DVDには9月3・4日に行われた自身主催のフェスから10曲とその秘蔵映像(90分以上)を、ファンクラブ限定盤には5月に行われたFC限定弾き語りライブ『胡坐』の映像がたっぷり12曲分収録される。

 本作を引っさげ、12月からは自身初の横浜アリーナ、大阪城ホール公演を含む過去最大の全国ツアーを開催することも決定している。

■高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」
12月3日(土):埼玉・狭山市市民会館(FC限定販売公演)
12月11日(日):石川・本多の森ホール
12月17日(土):福島・郡山市民文化センター・大ホール
12月18日(日):新潟・新潟県民会館
12月20日(火):長野・ホクト文化ホール・中ホール
12月21日(水):埼玉・大宮ソニックシティ
12月25日(日):沖縄・沖縄市民会館
1月7日(土):宮城・仙台サンプラザホール
1月8日(日):宮城・仙台サンプラザホール
1月14日(土):福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
1月15日(日):鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
1月21日(土):香川・レクザムホール
1月22日(日):高知・高知県立県民文化ホール・オレンジホール
2月3日(金):広島・広島文化学園HBGホール
2月4日(土):山口・周南市文化会館
2月10日(金):秋田・秋田県民会館
2月12日(日):岩手・盛岡市民文化ホール
2月19日(日):熊本・荒尾総合文化センター
2月20日(月):大分・ホルトホール大分
2月26日(日):岡山・岡山市民会館
3月11日(土):愛知・名古屋センチュリーホール
3月12日(日):愛知・名古屋センチュリーホール
3月18日(土):北海道・わくわくホリデーホール
3月19日(日):北海道・わくわくホリデーホール
4月1日(土):神奈川・横浜アリーナ
4月2日(日):神奈川・横浜アリーナ
4月16日(日):大阪・大阪城ホール

最終更新:10/7(金) 20:31

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]