ここから本文です

GLIM SPANKY、勝手に観光協会Z&ストレイテナー招いた自主企画イベント決定

BARKS 10/7(金) 12:09配信

GLIM SPANKYが、12月8日と9日に自主企画イベントを開催することが決定した。

◆ストレイテナー 画像

1日目東京・原宿アストロホール公演には、かねてから親交があるみうらじゅん率いる勝手に観光協会Zが、2日目東京・東京キネマ倶楽部公演には、レーベルメイトでありプライベートでもメンバー同士仲が良いというストレイテナーがゲスト出演する。

GLIM SPANKYは「毛色の全く違う2組の先輩とのイベントを企画しました!全然違う景色の2日間になると思います!是非遊びに来てください!」とコメント。チケット情報等、詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

なおGLIM SPANKYが主題歌「闇に目を凝らせば」を提供した映画『少女』が、明日10月8日より全国公開となる。同映画は“人が死ぬ瞬間を見てみたい”という願望にとらわれた少女ふたりの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。以下は、主演を務める本田翼と山本美月から寄せられたコメントだ。

  ◆  ◆  ◆

■本田翼 コメント
心がぎゅってなるような、苦しいだけでない曲調がとても素敵です…!

  ◆  ◆  ◆

■山本美月 コメント
GLIM SPANKYさんの音楽を買ったときに、歌詞を読んだら『少女』にピッタリだったので、鳥肌が立ちました。この映画は少女の時代を今経験している方、経験した方にも観て頂きたいですし、男性の方ものぞき見るような気持ちで観て頂けたらなと思います。

  ◆  ◆  ◆

■自主企画イベント情報
<MAGICAL WEEKEND PARTY vol.1>
12月8日(木)東京・原宿アストロホール
guest:勝手に観光協会Z

<MAGICAL WEEKEND PARTY vol.2>
12月9日(金)東京・東京キネマ倶楽部
guest:ストレイテナー

最終更新:10/7(金) 12:09

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]