ここから本文です

バカリズム×広末涼子・井川遥・斉藤由貴『かもしれない女優たち』にANI

CINRA.NET 10/7(金) 18:45配信

ドラマ『かもしれない女優たち2016』が10月10日にフジテレビ系で放送。追加出演者が発表された。

【もっと画像を見る(3枚)】

今回出演が明らかになったのはANI(スチャダラパー)。テレビプロデューサー役を演じている。

同作は、バカリズムが脚本を手掛けた昨年放送のドラマの第2弾。広末涼子、井川遥、斉藤由貴を主演に迎え、彼女たちが自身のターニングポイントで違う道を選んでいたらどのような人生を送っていたか、という妄想の設定のもとで、3人の女優が「全く売れなかった」人生の中で生きる本人役を演じる。キャストには夏帆、竹内結子、リリー・フランキー、藤木直人も名を連ねている。

広末は「『ビーチボーイズ』に出演してなかったら」という設定で、同じ歳の売れている女優・竹内結子に嫉妬しながらアルバイトで食いつなぐ、30歳半ばの女優・広末涼子役。井川は「写真集『グッドバイブレーション』を出してなかったら」という設定のもと、癒し系モデルとして芽が出ないまま女優への転身を図る本人役を演じる。また斉藤が演じるのは、『スケバン刑事』に出演せず、一発屋アイドルに終わってしまったことから大学に通い始める、という役どころだ。監督はPerfume、星野源らのPVを手掛ける関和亮。

CINRA.NET

最終更新:10/7(金) 18:45

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]