ここから本文です

第63回マカオGP、全日本F3選手権トップの山下健太ら日本人ドライバーも多数参戦

マカオ新聞 10/7(金) 9:40配信

 長い歴史を持つモーターレースの祭典として高い知名度と人気を誇るマカオグランプリ。今年(2016年)の「サンシティグループ第63回マカオグランプリ」は11月17日から20日までの4日間、マカオ市街地の公道を使用した「ギア・サーキット」を舞台に開催を予定している。

 大会組織委員会は10月6日に記者会見を開き、今大会の見どころなどを紹介。看板レースとなるF3マカオグランプリが従来のインターコンチネンタルカップから国際自動車連盟(FIA)主導のワールドカップへ格上げとなった。また、前回大会からスタートしたFIA-GT3規定車両によるGTワールドカップも継続開催される。2つのワールドカップが同時開催されるのは世界で初めてのケースとなる。このほか、今年で50回目を迎えるモーターサイクルグランプリなど7つのレースの開催が予定されている。

 今大会には世界各地からおよそ200人のドライバーが参戦を予定しているとのこと。多くの日本人選手がエントリーしていることも明らかとなった。

 10月6日時点のリストでは、「F3マカオグランプリ」に2016全日本F3選手権(第17戦終了時点)でトップに立つ山下健太(所属チーム:ThreeBond with T-Sport)、3位の坪井翔(Team TOM’S)、5位の牧野任祐(Toda Racing)、7位の佐々木大樹(B-Max Racing Team)の4人、「GTワールドカップ」に吉本大樹(HubAuto Racing)、「マカオロードスポーツチャレンジ」には木下みつひろ(GTO Racing Team)のエントリーが確認できた。

 なお、F3マカオグランプリには前々回、前回と2大会連続優勝したスウェーデンのフェリックス・ロゼンクビスト(SJM Theodore Racing by Prema)も参戦を予定しており、前人未到の3連覇に挑む。

 F3マカオグランプリは若手ドライバーのF1への登竜門として知られる存在。アイルトン・セナやミハエル・シューマッハといったF1優勝経験者も複数輩出している。2001年に日本人初優勝を飾った佐藤琢磨も翌年からF1に参戦した。

最終更新:10/7(金) 9:40

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]