ここから本文です

JR東・メトロ・東急のアプリが連携 列車走行位置と時刻表を相互リンク

乗りものニュース 10/7(金) 7:00配信

「アプリは つながる どこまでも」

 JR東日本と東京メトロ、東急電鉄は2016年10月6日(木)、それぞれが自社の情報提供などを目的に提供しているスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」「東京メトロアプリ」「東急線アプリ」の連携を、10月7日(金)から開始すると発表しました。

【動画】500円玉が立つ北陸新幹線W7系

 連携の対象となるのは、JR東日本の首都圏を走る17路線と東京メトロ全線、東急線全線の「列車走行位置」ページ、および、3社の各路線が接続する44駅の「時刻表」ページです。3社のアプリそれぞれのページで他社アプリへのリンクボタンが表示され、それをタップすると、対象の会社のアプリが起動します。

 これにより、たとえば「JR東日本アプリ」に東京メトロ線や東急線を登録し、そこから東京メトロ線や東急線の「列車走行位置」を確認する、渋谷駅のJR線時刻表を表示した際に、そこから東京メトロ線と東急線の時刻表も確認する、といったことが可能になります。

 対応OSはiOS(7.0以上)、Android OS(4.2以上。「東京メトロアプリ」は4.0以上)。古いバージョンのアプリでは、アップデートが必要です。

 また、この連携にあたり3社で共同のプロモーションを実施。アプリ連携と今後の広がりをイメージしたロゴマーク、「アプリは つながる どこまでも」というキャッチフレーズを使用したポスターの掲示や車体広告などが展開されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/7(金) 7:00

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。