ここから本文です

舞鶴の海から大江山山頂めざし カヌーや自転車で自然満喫

両丹日日新聞 10/7(金) 8:01配信

 京都府舞鶴市神崎の海を出発し福知山市大江町の大江山山頂までをカヌーや自転車、ランニングで目指す「由良川大江山シートゥーサミット2016」が2日に催された。山形県、福岡県など各地から146人が参加し、美しい自然を満喫した。

 中丹地域の豊かな自然を楽しむ環境スポーツイベントで、府中丹広域振興局、綾部市、舞鶴市、福知山市などでつくる実行委員会が主催した。

 参加者は、舞鶴市の神崎海水浴場をカヌーでスタート。海上を約5キロ漕ぎ、自転車に乗り換えて約36キロを走り、大江山の鬼嶽稲荷神社へ。最後は自転車を降りて千丈ケ嶽まで約7キロを登り、ゴールした。

 コース途中の大江町の河東公園付近には中継地点が設けられ、市民らが参加者を拍手で迎え「頑張れ!」と声援を送った。

 また、1日には綾部市のグンゼスクエアで、開会式・環境シンポジウムも開かれ、参加者らが出席。シンポジウムには一般からも参加ができ、会場は多くの人でにぎわった。

両丹日日新聞社

最終更新:10/7(金) 8:01

両丹日日新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革