ここから本文です

【映像】松本薫が“野獣”ポーズ リオ五輪・パラリンピックパレード

アフロ 10/7(金) 14:25配信

 東京・銀座で7日午前、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団合同パレードが行われ、オープンバスに乗ったメダリストが、沿道に集まった多くの人々の歓声に手をふるなどして応えた。
 
 パレードには、史上初のオリンピック4連覇を達成し国民栄誉賞の受賞が決定した女子レスリングの伊調馨選手や、日本初の競歩メダリスト荒井広宙選手らが参加。
 野獣の異名を持つ柔道女子銅メダリスト松本薫選手は野獣ポーズを披露していた。(映像2分30秒から)
 
 日本オリンピック委員会(JOC)によると、リオデジャネイロオリンピックで41個(金12、銀8、銅21、)のメダルを獲得。リオデジャネイロパラリンピックでは24個(銀10、銅14)のメダルを獲得した。オリ・パラ両大会で前回のロンドン大会を上回るメダルを獲得している。

(東京、銀座 映像:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

最終更新:10/7(金) 14:39

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています