ここから本文です

「勝手にしろ」と欧米を挑発 ドゥテルテ大統領はフィリピン国民期待のドン

BuzzFeed Japan 10/7(金) 10:27配信

フィリピンのドゥテルテ大統領からまた過激発言が飛び出した。今度は「支援はいらない」と米国と欧州連合(EU)を挑発したのだ。【BuzzFeed Japan / 鈴木貫太郎】

地元紙によると、ドゥテルテ大統領は10月6日、警官を前にした演説で、強硬な麻薬捜査を批判する米国やEUに対して、「支援を停止する潮時と思うならば、勝手にしろ。物乞いはしない」と発言した。

ドゥテルテ大統領は、自身をヒトラーに例えて「麻薬密売人を喜んで殺す」と発言し、国際的な非難を浴びたばかり。オバマ大統領にも「地獄へ行け」と罵るなど、自身の強権的な犯罪対策を非難する相手への暴言が止まらない。

「出て行け。おまえたちの資金もどこかに持って行けば良い」とも発言。

今後、欧米との亀裂がさらに深まる恐れもある。

フィリピン人の尊厳

欧米を批判した後、ドゥテルテ大統領はこう続けた。

「海外からの支援がなくても生き残れる。もし、国が困難に瀕するならば、私が一番初めに飢え、死んでいく。心配するな。私たちは絶対、フィリピン国民としての尊厳を汚さない」

「彼ら(欧米)には絶対、私たちの苦しみを理解できない」

国民の76%がドゥテルテに満足

フィリピンの代表的な民間世論調査機関が6日、ドゥテルテ政権の政策に対する国民の満足度を公表。「満足」との回答が76%に達し、「不満足」は11%だけだった。

調査は18歳以上のフィリピン人を対象に2016年9月24日~27日に実施された。

調査の前には、オバマ米大統領を「サノバビッチ」と罵り、米比首脳会談が中止されている。この結果は、オバマ大統領に暴言を放った後も、高い支持率を維持したことを示している。

別の民間調査会社が、ドゥテルテ大統領の就任直後である7月に公表した世論調査では、信任率が91%だった。

10月6日に公表された結果とは異なる調査で単純比較はできない。

しかし、暴言が続けば、今後、支持率が変化する可能性もある。

最終更新:10/7(金) 10:27

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]