ここから本文です

猫ひろしが考える“カッコイイ大人”は「お会計のときにクーポンを使わない人」

TOKYO FM+ 10/7(金) 13:02配信

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
9月30日の放送では、今年の夏を熱くしてくれた「リオオリンピック」カンボジアフルマラソン代表選手・猫ひろしさんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。

猫ひろし オーレーオレオレオレ~♪(「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」に合わせて)どうも~! カンボジアから来日中の外国人タレントで、ぶじオリンピアンになれました……!! 猫ひろし……! 猫ひろし……! はい一緒に!

RYO-Z 猫ひろし!(笑)

猫ひろし 恥ずかしいのは俺も一緒だ! もっとテンション上げて! 考えるな、体で感じろ~!

RYO-Z 猫ひろし! 猫ひろし!

猫ひろし 今度は英語でキャットヒロシ!

RYO-Z キャットヒロシ!

猫ひろし C・A・T!!

RYO-Z C・A・T!!

猫ひろし はい~猫ひろしのギャグ100連発~!

(ここから猫ひろしさん、ギャグを披露!!!)

猫ひろし よろしくお願いします~!

RYO-Z イエ~! あらためて紹介させていただきます。オリンピックカンボジアフルマラソン代表、猫ひろしさんです! お願いしまーす!!

猫ひろし お願いしまーす!  ニャー! やってまいりました……!

(中略)

RYO-Z 本日はオリンピックについて伺っていきたいと思います。

猫ひろし はい。

RYO-Z フルマラソンですもんね。相当な体力で挑まれたと思うんですが、どうでしたか、オリンピックという舞台でマラソンを走るというのは?

猫ひろし いやぁ、なんだろうな……。始まる前、僕が映るとしたら、タイム的には遅いので、最初のスタート時点で並んでるときに映らないといけないんですよ。ランナーの並び順って、早い者順なんですよ、あれ。スタート地点に早く行った人が前に行けるので。

RYO-Z そうなんだ!

猫ひろし 僕、女子マラソンを観ていたので、早めに着替えて1列目にいたんですよ!

RYO-Z (笑)!!

猫ひろし そうしたら僕の斜め後ろに、選手村で同じ棟の顔見知りになった北朝鮮の選手がいたんですよ。

RYO-Z すごい交流関係ですね!

猫ひろし それで(北朝鮮の選手が)後ろで苦しそうにしていたので、僕はスポーツマンシップで「前に来るか?」って言ったら、ソイツ結構図々しくて……! 僕を差し置いて、僕の前に行っちゃって!!

RYO-Z あらら!

猫ひろし テレビのオンエアを観たら、ソイツが1列目で僕が2列目。僕、おでこしか映っていなかったんですよ!!!

RYO-Z (笑)!! それは悔しいですね! してやられた。

猫ひろし それで“ドン!!”と始まって、自分のペースで走ろうと思ったんですけど、ちょっといやらしい心が出てきて、「最初の100mくらいは1位とってもいいよな」って思ったんです。それで始まって2列目から思いっきり走ったんですけど、オリンピックですからレベルが高過ぎて……!

RYO-Z (笑)!!

猫ひろし 1位の選手に追いつけなくて。

RYO-Z スタートダッシュでも?

猫ひろし 全然追いつけなくて。そのとき初めて思いましたね、「あっこれオリンピックなんだ」って。

RYO-Z (笑)!!! レベル高けえっていう……! まあそうですよね。

猫ひろし 天候は雨だったんですよ。結構、靴の中で滑っちゃって。20km地点で水脹れができちゃって。キツかったですね。他の選手も……155人いたんですけど、15人がリタイヤ。

RYO-Z 水脹れ的な事を含めて……。

猫ひろし まあ気温も高かったし、湿度、道路が硬かったというのもあったので。過酷でしたね。

RYO-Z 過酷な中、完走ですもんね。水脹れもできていろんなコンディション的にキツくなってくるじゃないですか。進めば進むほど。

猫ひろし そうですね。

RYO-Z どういうことを考えているんですか?

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 13:02

TOKYO FM+