ここから本文です

大坂なおみ 9月最も活躍した選手の候補に<女子テニス>

tennis365.net 10/7(金) 12:08配信

WTAプレーヤー・オブ・ザ・マンス

女子プロテニス協会であるWTAの公式ホームページで、毎月最も活躍した選手を投票で決めるWTAプレーヤー・オブ・ザ・マンスを実施している。現在、9月に最も活躍した選手への投票を募っており、東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、プレミア)で準優勝した大坂なおみ(日本)が候補にあがっている。

【大坂なおみ セリーナ抜き1位】

2016年9月のプレーヤー・オブ・ザ・マンスの最終候補者は以下の3選手。

C・ウォズニアキ(デンマーク)
元世界ランク1位のウォズニアキは、9月を世界ランク74位からスタートし、再びかつてのプレーを取り戻した月だった。

東レ パン パシフィック オープンテニスでは今季初優勝だった。続いて出場した武漢オープン(中国/武漢、ハード、プレミア5)ではキャリア通算500勝も達成しており、現在は世界ランク20位へ浮上している。


P・クヴィトバ(チェコ共和国)
不振が続いたシーズンを好転させたのが武漢オープンでの優勝だった。今季初のタイトル獲得までには、世界ランク1位のA・ケルバー(ドイツ)、S・ハレプ(ルーマニア)、そして決勝戦でD・チブルコワ(スロバキア)を下しての優勝だった。

その優勝は自身18度目のタイトル。今回の優勝で、世界ランクも16位から11位へ浮上させ、再びトップ10入りが見えてきた。同時にシンガポールで行われる女子ツアー最終戦への出場の可能性も残された。


大坂なおみ
日本期待の新星である10代の大坂は東レ パン パシフィック オープンテニスで、自身初のWTAツアー決勝戦へ勝ち進んだ。世界ランキングでは、自身初のトップ50入りを果たしている。

今季ここまでのプレーヤー・オブ・ザ・マンスは以下の通り。

1月:A・ケルバー
2月:C・スアレス・ナバロ(スペイン)
3月:V・アザレンカ(ベラルーシ)
4月:A・ケルバー
5月:G・ムグルサ(スペイン)
6月:S・ウィリアムズ(アメリカ)
7月:S・ハレプ
8月:M・プイグ(プエルトリコ)

tennis365.net

最終更新:10/7(金) 12:08

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]