ここから本文です

政活費の不正受け 自民党会派 市議会に第三者機関設置を/富山

チューリップテレビ 10/7(金) 11:14配信

 政務活動費の不正取得で、議員10人が辞職した富山市議会最大会派の自民党は、6日、政務活動費のチェック機能を高める方策として、市議会に第三者機関を設置する方針を発表しました。

 富山市議会の自民党会派は、6日、臨時の議員総会を開き、政務活動費のあり方について話し合いました。
 会議は非公開で行われましたが、終了後に五本(ごほん)会長と柞山(ほうさやま)幹事長が取材に応じました。
 中では、公認会計士などによる第三者機関を市議会に設置することや、手続き無しで収支報告書や領収証を閲覧できるようにすること。
 さらに、その一部についてはインターネットに公開するなどの意見を、会派として取りまとめたということです。
 これらの意見は、7日、各会派の代表者が集まって開かれる、政務活動費のあり方検討会に提案します。

チューリップテレビ

最終更新:10/7(金) 11:14

チューリップテレビ