ここから本文です

日ハムに死角なし、ロッテ下克上は「厳しい」…どうなる? パ・リーグCS

Full-Count 10/7(金) 10:19配信

SBはロッテに好相性、ファイナル進出の可能性は高い?

 プロ野球は8日からセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)が始まる。パ・リーグは、日本ハムが最大11.5ゲーム差を逆転してペナントレースを制覇。ファーストステージで対戦する2位ソフトバンク-3位ロッテの勝者をファイナルステージで迎え撃つ。日本シリーズに進出するチームは、果たしてどこになるのか。

各球団発表、2016年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 リーグ覇者の日本ハムに、昨季まで2年連続日本一のソフトバンク、そして2010年は史上初めてリーグ3位から日本一まで駆け上がる「下克上」を成し遂げたロッテ。いずれもCSを戦い慣れているチームだが、ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAの4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「日本ハムに死角なし」と予想する。

 まずは3位のロッテについて、「ロッテと言えば下克上ですが、今年はちょっと厳しいかなと見ています。上の2つが強いですし、特に日ハムは、今年は充実しています。ソフトバンクを何とか倒しても、その後に日本ハムに勝つ体力が残るかな、という感じなので」と予想する。

 特に、ファーストステージは「相性」の悪さが目につく。「ロッテはまず千賀を打てない。最後の対戦となった9月27日の対戦(ソフトバンクが3-2で勝利)も、8回に2点差を追いつきましたが、押し出し2つは千賀のミス。CSでも手を焼くでしょう。千賀が最初に来られたら、まず1つ取られてしまう」。千賀は今季、ロッテに対して7試合で4勝0敗、防御率2.36と好成績を残している。

 一方で、ロッテの2枚看板である涌井と石川は、ソフトバンク打線と決して相性がいいわけではない。今季10勝7敗、防御率3.01の涌井はソフトバンクに対して8試合で2勝2敗、防御率3.60。さらに、今季14勝5敗、防御率はリーグトップの2.16だった石川は、ソフトバンク戦では4試合で1勝3敗、防御率3.95と苦しんでいる。野口氏は「涌井、石川で2つ取ってしまわないと、ロッテは苦しい。でも、2人ともそんなにソフトバンクと相性が良くない。厳しいかなと見ています。順当にいけば(ファイナルステージは)日本ハムとソフトバンク2チームの争いになるのではないでしょうか」と分析する。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 10:50

Full-Count