ここから本文です

経産省、粗鋼需要見通し、10―12月2658万トンに増 在庫高止まりに注意喚起

日刊産業新聞 10/7(金) 11:13配信

 経済産業省が6日発表した2016年度第3四半期(10―12月)の鋼材需要見通しによると、出荷相当粗鋼需要量は前期実績見込み比で0・2%増の2658万トンと3四半期連続で増える。鋼材需要は0・6%伸び、内需も輸出も緩やかながら伸びが続く見通し。経産省金属課では国内在庫が高止まりしている点にも注意を促している。内需の回復は緩やかで海外は不確実性が増していると指摘し、需要見合いの生産と適切な在庫管理が必要としている。

最終更新:10/7(金) 11:13

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。