ここから本文です

有料でストーカー代行 女性に中傷文書送りつけ 容疑の男、依頼主と面識なし

千葉日報オンライン 10/7(金) 11:59配信

 男性から頼まれて女性を中傷する手紙を送りつけたとして、千葉県警勝浦署と県警子ども女性安全対策課は6日、ストーカー規制法違反の疑いで電話代行会社社長の男(36)=静岡県長泉町=を逮捕し、千葉地検に送検したと発表した。

 逮捕・送検容疑は、県内の会社員男性(38)=同法違反で千葉簡裁が罰金20万円の略式命令=と共謀し昨年12月20日ごろと今年2月12日ごろ、県内の会社員女性(34)に対して繰り返し名誉を害する内容の文書を入れた封書を送りつけるストーカー行為をした疑い。

 同署によると、男は会社員男性と面識はなく、男性はインターネットを通じて男に文書の作成と送付を有料で依頼していたらしい。会社員男性は元交際相手の女性に対して「嫌がらせをするため、人に頼んだ」と話しており、文書は過去の経歴などを含め女性を誹謗(ひぼう)中傷する内容だった。女性宅だけでなく女性の勤務先にも送付されていたという。

 男は「頼まれたのでやった。手紙の文面をメールで受けて、それを依頼先の住所に送った」などと容疑を認めているという。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

最終更新:10/7(金) 15:07

千葉日報オンライン