ここから本文です

ワンダーウィード流応援ソング、女子の本音をノリノリで 赤坂BLITZでワンマンも

MusicVoice 10/7(金) 11:35配信

 6人組ガールズユニットのワンダーウィードが、10月11日にニューシングル「BANJIKYUSU PARTY」をリリースする。

 ワンダーウィードは、滝沢あきな、鈴木なつみ、佐倉ちひろ、牛居ひかり、三浦みりあ、七瀬まいこによるガールズユニット。2015年7月28日にライブデビュー。ビートロック、ポップロックをベースとした楽曲で他のアイドルグループと差別化をはかっている。

 デビュー当時、ライブハウスの動員数は180人超だったが、今年7月28日にユニット1周年の節目におこなった新宿ReNYでのワンマンライブは500人超を集めた。

 そして、今回リリースされるシングルの表題曲「BANJIKYUSU PARTY」は、女子の本音をノリノリに歌う応援ソング。ライブでは既に披露されており、曲中の掛け声<ハイハイハイハイハイ♪>に合わせておこなう、ファンの息の合ったフリも特長的で、その光景からも元気が得られるとしている。

 この新曲を引っ提げてのリリースイベントも積極的におこなっており、11月26日には、赤坂BLITZで3rdワンマンライブも開催する予定だ。メンバーの入れ替わりなども経て、ここ1年で急成長しているワンダーウィード。新曲リリースで更に、高みを目指す。

最終更新:10/7(金) 11:35

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]