ここから本文です

永野芽郁「真田丸」で星野源の娘役「責任重大です」

TOKYO FM+ 10/7(金) 18:00配信

女優の永野芽郁が、10月6日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!」に出演。NHK大河ドラマ「真田丸」に千姫役で出演することについて感想を語り、ドラマにちなんだ質問に答えました。

◆◆◆◆◆◆

私、現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」に、千姫役で出演させていただきます。ドラマを見ている方は分かるかもしれませんが、徳川秀忠の娘なので星野源さんの娘役ってことになるんですよね。そして、豊臣秀頼と婚約するので中川大志さんの婚約者役っていう、本当に重要で責任重大な役なんです。撮影現場では、初めてのお姫様役ということもあり、周りの人たちに迷惑かけないようにやらなきゃという緊張感がすごくあって、毎回毎回ドキドキしてるんですけど、素敵なお着物が着れるのが本当に嬉しいです。

◆◆◆◆◆◆

Q:千姫は、父親の徳川と夫の豊臣が大阪の陣で戦うという数奇な運命を辿りますが、あなたが「これって運命!」と思ったことは何ですか?

運命かぁ~。このラジオをやっているのもそうだし、すべては『芸能界に入ったこと』。小学3年生の時に、吉祥寺を歩いていたらスカウトされたのがきっかけで今の事務所に入ったんですけど。

もしあの時、あの時間に、あの場所にいなかったら、きっと私はいまここでラジオをしていることもなかったです。もちろん、『真田丸』に出て千姫になることもなかったと思います。だから基本、運命を感じています。後から後からどんどん、「あの時も運命だった、あの時も運命だった」と感じることが多い気がします。

◆◆◆◆◆◆

さらにこの日は、千姫の祖父である徳川家康の似顔絵にも挑戦。本人は「完成度が高い」と自信がある様子でしたが、番組スタッフからは「足軽っぽい」と評されていました。

最終更新:10/7(金) 18:00

TOKYO FM+