ここから本文です

朗唱の会きょうから 万葉集4516首歌い継ぐ/富山

チューリップテレビ 10/7(金) 20:26配信

 万葉集全20巻・4516首を3日3晩にわたって歌い継ぐ、『高岡万葉まつり朗唱の会』が7日から高岡古城(こじょう)公園で始まりました。

 今年で27回目を迎える朗唱の会は、万葉集・全20巻を3日間かけてリレー方式で歌い継ぐものです。
 初日の7日は万葉集の研究者でもある高志の国文学館中西進館長を皮切りに、万葉の衣装を身にまとった参加者が順に歌を読んでいきました。
 『朗唱の会』は、日本最古の歌集「万葉集」の代表的な歌人・大伴家持が国守として高岡市の伏木に赴任していたことにちなみ、毎年行われています。
 今年は、およそ2200人がステージに立ち、中には青森県や山梨県から参加する人もいます。
 朗唱の会は9日の午後6時ごろまで行われます。

チューリップテレビ

最終更新:10/7(金) 20:26

チューリップテレビ

なぜ今? 首相主導の働き方改革