ここから本文です

ベイビーレイズJAPAN主催69時間フェス始まる、林愛夏が開幕宣言

MusicVoice 10/7(金) 14:59配信

 5人組アイドルユニットのベイビーレイズJAPANが主催する69時間フェス『EMOTIONAL IDOROCK FES.』(エモフェス)が6日、東京・新宿ReNYで始まった。

【写真】ライブの模様

 10月6日午後7時から9日午後4時まで69時間にわたって開催するフェス。初日のこの日は、「御神輿ライブ」と題してベイビーレイズJAPANがトップバッターを務めた。

 「EMOTIONAL IDOROCK FES.開幕!!」と林愛夏の掛け声でフェスはスタート。「夜明けBrand New Days」を熱唱し、会場のボルテージは早くも最高潮に。

 「Ride On IDOROCK」、「シンデレラ」他合計5曲を歌い上げたベイビーレイズJAPANに続いて飯田里穂、9nine、Gacharic Spin、DJダイノジと豪華アーティスト陣が登場し大いに会場を盛り上げた。

 「エモフェス」はこの後、新宿ReNYでのライブをはじめ、生ラジオ中継や様々なゲストとのバラエティ企画など盛りだくさんの内容で実施。先日、開局したばかりの生テレでも69時間配信される。

 ベイビーレイズJAPANは先月、2年ぶりとなる2ndアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』をリリース。年末には、ワンマンライブ3公演が控えている。

 大矢梨華子は過去のインタビューでこの今回の69時間フェスについて「このフェスを乗り越えられたら、それがまた大きな自信になるんじゃないかなと思います」と語っていた。フェスを乗り越えた先の彼女達の活躍が期待される。

最終更新:10/7(金) 14:59

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]