ここから本文です

モンフィスがビッグサーバーのカルロビッチを倒して4強 [楽天テニス]

THE TENNIS DAILY 10/7(金) 18:47配信

「楽天ジャパンオープン」(ATP500/本戦10月3~9日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/賞金総額136万8605ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第2シードのガエル・モンフィス(フランス)が第7シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)を7-6(6) 7-6(6)で倒してベスト4に進出した。試合時間は1時間31分。

モンフィスが苦手シモンの撃破で証明した「成長」 [楽天ジャパンオープン]

 この結果でモンフィスは、カルロビッチとの対戦成績を5勝2敗とした。今シーズンは7月にワシントンDC(ATP500/ハードコート)の決勝で対戦し、モンフィスが5-7 7-6(6) 6-4で勝っていた。

 今大会には3年ぶり4度目の出場となる30歳のモンフィスは、2010年の準優勝がこれまでの最高成績。ここまでの試合では、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)の杉田祐一(三菱電機)を6-3 6-1で、2回戦ではジル・シモン(フランス)を6-1 6-4で破って勝ち上がっていた。

 モンフィスは準決勝で、第6シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。キリオスは準々決勝で、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-4 6-2で下しての勝ち上がり。

 敗れたカルロビッチは今大会でプレーした7セットがすべてタイブレークに突入。1回戦のフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)戦で32本、2回戦のヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)戦では24本のサービスエースを奪っていたが、この日は9本に留まった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:TOKYO, JAPAN - OCTOBER 07: Gael Monfils of France shakes hands with Ivo Karlovic of Croatia after winning the men's singles quarterfinal match on day five of Rakuten Open 2016 at Ariake Colosseum on October 7, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

最終更新:10/7(金) 18:47

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]