ここから本文です

視覚障害者と楽しくスキーを ボランティア募集

カナロコ by 神奈川新聞 10/7(金) 16:00配信

 白銀の世界でボランティア活動をしてみませんか-。視覚障害者と晴眼者が一緒にスキーを楽しむ「かながわブラインドスキークラブ」(横浜市旭区、高野和男会長)は、ゲレンデで視覚障害者をサポートする晴眼者パートナーを募集している。15、16日に県ライトセンター(同区)で入会説明会を開催する。

 ブラインドスキーのパートナーは、視覚障害者の後方を滑り、「右! 左!止まれ!」といった声で方向などを指示する。視覚障害者とスキーの楽しさを共有することで、パートナー体験者はみな「新しいスキーの楽しみ方を発見した」と感動の声を上げるという。

 説明会では、▽ブラインドスキーの実際▽視覚障害者への接し方▽クラブの概要-などを説明する。両日とも同じ内容で、いずれかに出席。クラブメンバーは「一人でも多くの方に仲間に加わってほしい」と呼び掛けている。

 両日とも午後1時半から3時まで。問い合わせ・申し込みは、事務局の白崎さん電話080(3027)5110、電子メール(club.info@kanagawa-blindski.com)。

最終更新:10/7(金) 16:00

カナロコ by 神奈川新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革