ここから本文です

水素利活用で独議員ら横浜市視察

カナロコ by 神奈川新聞 10/7(金) 22:38配信

 ドイツ連邦議会議員訪日団が6日、横浜市を訪問し、市が進めている水素の利活用施策について視察や意見交換を行った。訪れたのは、ドイツ連邦議会議員ら計8人。横浜大さん橋水素ステーション(同市中区)の視察や、燃料電池自動車試乗の後、市役所内で市温暖化対策統括本部からエネルギーアクションプランや、水素関連施策について説明を受けた。

 林文子市長は「エネルギー施策の先進的なドイツから、多くのことを学びたい」と話し、団長のジルヴィア・コッティング=ウール議員は「ドイツは再生可能エネルギーの活用は進んでいるが、水素の取り組みは明らかに日本の方が先進的」などと感想を述べた。

最終更新:10/7(金) 22:38

カナロコ by 神奈川新聞