ここから本文です

産休後の八木早希「中学生以来の制服」

Lmaga.jp 10/7(金) 10:00配信

警察の出動も多く、地元の商店街などでは地域の安全を目指し防犯に力を入れている、道頓堀などミナミの繁華街。『全国地域安全運動』期間中の防犯気運を高めるため、NHK大阪『ぐるっと関西おひるまえ』でキャスターを務める八木早希が10月6日、「大阪南警察署」の一日警察署長を務めた。

【写真】「2週間後には予定日が」と大きなお腹をさする八木早希

7月31日に男の子を出産し、産休明けとなる復帰に「制服を着るのは中学生以来。緊張で背筋が伸びる思い」と話した八木キャスター。「大阪のおばちゃん、おっちゃんは騙されへん、というのはもう幻想。特殊詐欺の被害は大阪でも増えている。普段と違う雰囲気でATMに向かう人がいたら勇気を出して声をかけてほしい。人が温かいミナミならそれができるはず」と防犯への心構えを訴えた。

当日は大阪・道頓堀をパレードし、戎橋で振り込み詐欺の注意が書かれたティッシュを配布。地元出身ということでやはり人気が高く、遠くから「早希ちゃん、がんばりや」と声をかけるおばちゃんにも笑顔で応えていた。大阪・阿倍野で育ち、現在はミナミの近くに住んでいる八木キャスターは、ここ道頓堀周辺も「普通に食事にくる生活エリア」で、今回の一日署長を経験したことで、「南警察署に危険から守ってもらっている」と改めて認識したという。「小さいお子さんがいる親子やお年寄りなど、そういった方々を守るためにも防犯の意識が大切だと親になって気付いたことも多い」と母親としての一面ものぞかせた。なお、全国地域安全運動は10月11日から10日間の日程で実施。

取材・文・写真/谷知之

最終更新:10/7(金) 10:00

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]