ここから本文です

構想50年、制作日数3日!ザ・ローリング・ストーンズによる11年ぶりのスタジオ・アルバムが完成

Billboard Japan 10/7(金) 12:20配信

 ザ・ローリング・ストーンズが、11年振りとなるスタジオ・アルバム『ブルー&ロンサム』を2016年12月2日にリリースする。たった3日間でロンドンでレコーディングされた『ブルー&ロンサム』はザ・ローリング・ストーンズのハート&ソウルでもあるブルースというルーツそして情熱に回帰している。

 『ブルー&ロンサム』は、ドン・ウォズとグリマー・ツインズによってプロデュースされ、10月6日のアメリカ東部時間の午前9時、イギリス時間の午後2時そしてその他各国も同時刻(日本時間午後10時)からプレオーダーすることが出来る。

 今作は、パブやクラブで演奏していた若かりしストーンズがブルース・バンドとしてキャリアをスタートしたリッチモンドやイール・パイ島から目と鼻の先にあるロンドン西部のブリティッシュ・グローヴ・スタジオズにて昨年の12月にたった3日間という短い期間でレコーディングされた。

 彼らのアルバムへのアプローチは衝動的で、スタジオではオーバーダブなしで生演奏された。バンドのミック・ジャガー(ヴォーカル&ハープ)、キース・リチャーズ(ギター)、チャーリー・ワッツ(ドラムス)そしてロニー・ウッド(ギター)に長年ツアーでサイドメンを務めていたダリル・ジョーンズ(ベース)、チャック・リーヴェル(キーボード)、マット・クリフォード(キーボード)が加わりさらに2曲には偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンが参加した。

 バンドは、今作で同作に収録されているジミー・リード、ウィリー・ディクソン、エディ・テイラー、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフの音楽を演奏していた若かりしブルース・バンドだった時代へ敬意を表している。

 なお、プロデューサーであるドン・ウォズは、「このアルバムは彼らの純粋な音楽作りへの愛情の証でありそしてブルースはストーンズにとってやること全ての源になっている。」というコメントを発表している。

◎『ブルー&ロンサム』トラックリスト
01.ジャスト・ユア・フール (オリジナル:1960年リトル・ウォルター)
02.コミット・ア・クライム (オリジナル:1966 年ハウリン・ウルフ)
03.ブルー・アンド・ロンサム (オリジナル:1959年リトル・ウォルター)
04. オール・オブ・ユア・ラヴ(オリジナル:1967年マジック・サム)
05.アイ・ガッタ・ゴー (オリジナル:1955年リトル・ウォルター)
06.エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング(オリジナル:1971年リトル・ジョニー・テイラー)※
07.ライド・エム・オン・ダウン (オリジナル:1955年エディ・テイラー)※※
08.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー (オリジナル:1955年リトル・ウォルター)
09.フー・ドゥ-・ブルース(オリジナル:1958年ライトニン・スリム)
10.リトル・レイン (オリジナル:1957年ジミー・リード)
11. ジャスト・ライク・アイ・トリート・ユー (オリジナル:1961年ハウリン・ウルフ)
12. アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー (オリジナル:1956年オーティス・ラッシュ)※
※ゲスト:エリック・クラプトン:ギター
※※ゲスト:ジム・ケルトナー:パーカッション

◎リリース情報
『ブルー&ロンサム』
ザ・ローリング・ストーンズ
2016/12/2 RELEASE
通常版(デジパック仕様):2,500円(plus tax)
デラックス・エディション<1CD +アルバムのメイキングについての英文解説付 72ページ豪華ブックレット+バンド・ポストカード付>:7,000円(plus tax)
2枚組LP(輸入盤のみ)
デジタル・ダウンロード
https://goo.gl/UlltYZ

最終更新:10/7(金) 12:20

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]