ここから本文です

アロンソ、5戦で29位ジャンプアップ! 抜群のスタートダッシュで鈴鹿F1でも入賞を

オートスポーツweb 10/7(金) 8:45配信

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、今季抜群のスタートダッシュを決めていることに注目されている。このテクニックを生かし、日本GPでも入賞を狙っていく。

2016年日本GP木曜 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)のサイン会

 今年、アロンソが毎戦のように見事なスタートを決めていることに関し、日本GP木曜記者会見において、「この5戦を合わせると、オープニングラップだけで29位もポジションを上げている」と指摘され、「これを可能にしているのは経験なのか、本能なのか、単にリスクを冒しているだけなのか」という質問がなされた。

「そのすべてだと思う。ポジションを挽回するために、ターン1へのラインを選ぶことがある。右に行くか、左に行くかだ。でも自分の前で何が起きるかは分かりようがない。つまり、多少は運が必要ということだね」とアロンソ。

「でも、僕はF1で16年走っている。その間に数えきれないほど順位を上げてきた。毎年運だけでそれをやってこられたわけはない。プレイステーションで最後尾スタートをたっぷりやれば、いい練習になるかもね!」

 今回搭載するホンダの新スペックのエンジンに関しては、パフォーマンス面というより信頼性向上を狙ったものだとして、「このエンジンはパワーの面では(前の仕様と)全く変わらない。このエンジンでベストを尽くす」と語った。

 アロンソは日本GPに関し「週末をいい形でスタートして、そこから改善していきたい。この数戦はパッケージを最大限に活用してきたから、チームにとってふたつめのホームレースでポイント獲得を果たせたら最高だね」と述べている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/7(金) 8:51

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています