ここから本文です

WEC富士:車両展示、カート体験、WEC開催国のグルメなど。各種イベントブースを展開

オートスポーツweb 10/7(金) 17:15配信

 富士スピードウェイは、WEC(世界耐久選手権)第7戦富士6時間レースの大会期間中、WECに参戦中のメーカーのPRブースや、WECが開催される9カ国のグルメを堪能できるイベントブース群を場内イベント広場で展開する。

ポルシェ、アウディ、トヨタの激戦、日本襲来。WEC第7戦富士を見逃すな

 メーカーのPRブースでは、ポルシェがLMP1クラスに参戦中の『ポルシェ919ハイブリッド』と人気車種『ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド』が展示され、カイエンは搭乗体験もできる。同じくLMP1クラスを戦うアウディのブースでは、『アウディR8』と最新モデル『アウディTT』が展示される。

 富士6時間レースが母国凱旋レースとなるトヨタは『TOYOTA GAZOO Racing PARK』を展開。TS010、TS030ハイブリッド、TS050ハイブリッドといった歴代のル・マン24時間レース参戦車両を展示し、一部の車両では搭乗体験が可能だ。

 また、ブース内には手軽にカートを体験できるミニサーキットが設置されるほか、本格的なドライビングシミュレータを用いてレーシングドライバーの疑似体験ができるスペースも用意される。
※ポルシェブース、アウディブースは10月15日(土)、16日(日)のみ開催。トヨタは14日(金)から3日間開催。

 グルメスポットはWEC開催国の料理を集めたブース『WORLD FOOD』と『Cafe Flag’s』
 イギリス、ベルギー、フランス、ドイツ、アメリカ、日本、中国、バーレーン、計8カ国の料理を集めたブースとして毎年開かれている『WORLD FOOD』だが、今年はWECのカレンダーにメキシコが加わったことで、タコスやサルサといったメキシコ料理が新たに登場する。『Cafe Flag’s』は期間限定の出店。コーヒーやサンドウィッチのほかに地元御殿場市の洋菓子が用意される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/7(金) 17:16

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています