ここから本文です

F1日本GP鈴鹿、FP2はロズベルグが再び首位。アロンソも8位と好調

オートスポーツweb 10/7(金) 15:49配信

 2016年F1第17戦日本GPは、10月7日(金)14時からフリー走行2回目が行われ、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムをマークした。 

 午前中に行われたセッションと比べ、低い気温と路面温度で始まった2度目のフリー走行。各陣営タイヤ選択が入り乱れるなか、精力的に走行を重ねる。スピン、コースオフを喫するドライバーもあったが、大きなトラブルなくセッションは推移していく。

 残り1時間を切ったタイミングで、各ドライバーソフトタイヤでのアタックを開始し、程なくしてメルセデス勢がタイムシートのワン・ツーに名を連ねる。マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンもソフトタイヤでタイム計測を重ね、アロンソは8番手タイムを記録した。

 その後も各ドライバー、計測ラップを続けていたが、残り50分のところでハースのエステバン・グティエレスが、マシントラブルによりデグナーの手前でストップ。バーチャル・セーフティカーが導入される。グティエレスのマシンはマーシャルの手で素早く回収され、4分後に再びグリーンフラッグが振られた。

 鈴鹿サーキット上空が次第に厚い雲に覆われていくなか、セッション後半では各陣営レースに向けたロングランを行う。無線でグリップ不足を訴えるドライバーが多く、特にソフトタイヤはフロントの摩耗が激しいようだ。

 最終的にはメルセデス勢が金曜日のセッションを制圧。最新スペックのPUで今週末を戦うアロンソは8番手と気を吐いたが、バトンはマシンのハンドリングに苦しんでおり16位で初日を終えた。

 トップタイムは、2セッション続けてロズベルグがマーク。以下ハミルトン、ライコネン、フェルスタッペン、ベッテル、ペレス、ヒュルケンベルグ、アロンソ、ボッタス、サインツと続いた。

 F1日本GPのフリー走行3回目は、10月8日(土)12時に開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/7(金) 16:14

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。