ここから本文です

ペレス「大きな自信感じる。どのタイヤ、燃料量でも強い」:Fインディア F1日本GP金曜

オートスポーツweb 10/7(金) 17:34配信

 2016年F1日本GPの金曜プラクティスで、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは7位/7位、セルジオ・ペレスは8位/6位だった。

2016年日本GP木曜 ファンと触れ合うセルジオ・ペレス(フォース・インディア)

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ フリー走行1=7位/2=7位
 今日はいつもどおりの作業をしただけなので、あまり言うことがないんだ。標準的なプラクティスデーだったよ。大きなドラマもなく走行プランに従って作業し、各タイヤコンパウンドで情報を集めた。

 僕らの競争力は高そうだ。といっても今日はまだ初日にすぎず、明日の予選になったら、各車のタイム差がかなり小さくなると思う。

 それでもポジティブな感触を持っている。週末をいい形でスタートできたし、今の時点ですでにマシンバランスにはかなり満足できている。

セルジオ・ペレス フリー走行1=8位/2=6位
 今日のパフォーマンスからして今週末は期待できそうだ。とはいえ、今日のコースコンディションはすごくよかったものの、明日以降がどうなるのかは分からないけどね。

 今日はすべてがうまくいった。僕らはほとんどのコンディションで高い競争力を示せるように思う。燃料が多い状態でも少ない状態でも、どのタイヤコンパウンドを使ってもね。マシンのセットアップは最初の段階からとてもよく、あまり変更しなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/7(金) 17:34

オートスポーツweb