ここから本文です

お年寄りの買い物支援 魚津市大町地区社協スタート

北日本新聞 10/7(金) 21:33配信

 魚津市大町地区社会福祉協議会(鹿本幸男会長)は7日、地区にある同市上口の上町1区会館で、住民が食料品の仕入れから販売までを行い、買い物に遠出するのが困難なお年寄りを支援する事業を始めた。昨年度に試験的に行い、継続の要望が多かったため本格的に取り組む。

 この日は野菜や総菜、果物、菓子を並べ、約40人が買い求めた。開店にあたり鹿本会長が「ゆっくり買い物してください」とあいさつした。毎週金曜午後2時から1時間開く。大町地区は人口に占める65歳以上の高齢者の割合が45・7%(ことし4月現在)と高く、歩いて行ける所に食料品店がないお年寄りも多い。

北日本新聞社

最終更新:10/7(金) 21:33

北日本新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革