ここから本文です

著名人がくるりを語る! 「わたしにとってのくるり」第5弾は吉岡里帆が登場

RO69(アールオーロック) 10/7(金) 12:00配信

くるりの結成20周年記念オールタイムベストアルバム『くるりの20回転』リリース記念企画として、スペシャルサイトで行われている「わたしにとってのくるり」。この企画の第5弾として吉岡里帆よりコメントが到着した。

スペシャルサイトはこちら。
http://www.quruli.net/20th/

この企画は、くるりに縁のある人々のビデオコメントを紹介するもので、これまでに又吉直樹(ピース)やフルカワミキ、岡崎体育、小田和正がそれぞれコメントと共に“東京”“ばらの花”“琥珀色の街、上海蟹の朝”“JUBILEE”を曲紹介した。そして、今回はくるりと同郷である京都府出身の吉岡里帆より“Liberty&Gravity”の紹介コメントが到着した。

吉岡里帆のコメントはこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=Rhodmzc5T-w

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/7(金) 12:00

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]